仏滅と大安・赤口などの引越しを気にしてはダメ。新居でも割引あり

引越しの手続きと準備

「仏滅」「大安」「赤口」
時々、このような言葉と一緒に「日取り」を気にしている方がいますよね。

そもそも「仏滅」「大安」「赤口」とは何なのか。
日取りの良い悪いが引越し料金に影響を与えるのか。

今回の記事では、気になる引越し×日取りの裏事情について解説していきます!

仏滅と大安・赤口などの引越しを気にしてはダメ!?

仏滅と大安・赤口などの引越しを気にしてはダメ!?
「仏滅」「大安」「赤口」という言葉は有名ですよね。多くのカレンダーの日の部分にも掲載されています。
とはいえ「実は何のことを表しているのかまでは知らない」という方もいるかもしれません。

「仏滅」「大安」「赤口」が何かというと、六曜と呼ばれるものです。

現代では月~日までの曜日が一般的になっていますが、昔は「仏滅」「大安」「赤口」等を含めた六曜で曜日を表現していました。

元々の概念は中国のもので、吉凶の占いにも六曜の基準が用いられていました。
そのため、現代でも引越しの際の日取りを気にする方の中に、「仏滅」「大安」「赤口」等の六曜に注目する方がいます。

仏滅

凶とされる日です。六曜を重視する方は結婚や引越しにこの日が被らないようにします。

大安

吉とされる日です。
結婚式はこの日が人気。六曜を重視する方は引越しも大安の日を選びやすいです。

赤口

正午のみ吉で基本的には凶の日と考えられています。
六曜を重視する方の多くは赤口の引越しをあまり好みません。

六曜を信じる方の割合は・・・結婚する場合を除いて現代の特に若い世代については、少ないのではないでしょうか。

結婚や新築のときには重視されることが多い

結婚や新築のときには重視されることが多い
現代の通常の引越しでは六曜があまり重視されなくなっているとはいえ、結婚による新居への引越しや新築物件(自分で建てた物件・購入した物件)への引越しについては例外的な扱いです。

このようなケースでは現代でもまだまだ根強く六曜が重視されている傾向があります。

特に結婚関連は、式の日取りも引越しの日取りも縁起を担いで「大安」を選ぶ方がとても多いです。

結婚式場も大安の日は予約が集まりやすく、逆に仏滅の日のほうが予約は少しゆるやかなのだとか。

六曜を信じるかどうかは個人によって変わってきますが、もし自分の中で「六曜が気になって仕方ない」ということであれば六曜で縁起を担いだほうが良いです。

「病は気から」という言葉もある通り、気にしすぎることで引越し日にあったこと等に「六曜」の影響を考えてしまいストレスが溜まる可能性があるからです。

タイミングによっては新居で割引に期待できる?

タイミングによっては新居で割引に期待できる?
六曜が賃貸物件の契約関係の料金に影響を与えることは滅多にありません。

それでは「引越し業者」の料金にだったら影響を与えるかというと・・・無いことはないです。実際、六曜で良くない日取りには安くしてくれやすい引越し業者もあるようです。

しかし、日本には引越し業者が数百社以上あるといわれているので「絶対」ではなく「時々そういう引越し業者もある」程度に受け止めて、あまり期待しないようにしましょう。

引越しに慣れている方の中には割引を狙って、あえて六曜で安くなりそうな日について、引越し業者に「安くなるか?」と聞いてみる派もいるようです。

引越しのタイミングによる特徴を確認

引越しのタイミングによる特徴を確認
上記でも触れた通り、六曜の日取りで絶対に引越し料金が変わるわけではありません。

しかし、時々変わることも現実的にあるので、以下では「引越し料金が変わるとしたらどうなるのか」を確認していきましょう。

【安くなることが多い】仏滅の引越しについて

【安くなることが多い】仏滅の引越しについて
安くなることが多いのは「仏滅」です。
最初にも触れましたが、六曜では凶とみられている日取りです。

引越し=新生活。やはり新生活のスタートの日に凶とみられている日をぶつけたくないという方は、どんな時代でもいます。

あえて仏滅を避ける方が増えると、仏滅は他の日より予約が埋まりづらい=引越し業者のタイミングによっては少し安くしてくれるかもしれません。

もちろん仏滅だけど引越し業者の予約が100%埋まっている状況だとしたら、あえて引越し業者側が自発的に割引してくれる可能性は低いかもしれません。

「本気で安くしたい」ということであれば勇気を出して引越し業者側に「安くして」と交渉してみるのも良いかもしれません。
日取りが仏滅ということが影響しているかどうかは怪しいところですが、引越し業者の中には料金交渉に柔軟なところも多いです。

【たまに安くなることもあり】赤口の引越しについて

【たまに安くなることもあり】赤口の引越しについて
赤口は一日を通して凶というわけではありませんが、ほとんど凶の日取りとみられています。
赤口だから引越し料金を安くしてもらえるかというと・・・非常に難しいかもしれませんが、引越し業者によってはあるかもしれません。

ただし、「赤口だから安くなるかも」と期待しないほうが無難です。

仏滅であれば可能性は上がるかもしれませんが、赤口は可能性は低いです。

【高くなりやすい】大安の引越しについて

【高くなりやすい】大安の引越しについて
大安の日は一日を通して吉の日です。
引越しでも何だかんだ他の日取りよりは人気が集中しやすいです。

大安の日は、時と場合によっては引越し料金が上がることが多いです。理由は予約がたくさん集まるからです。特に繁忙期の大安で予約が密集しているときには、引越し業者が引越し料金を上げることがあります。

大安だから絶対高くなるということではありませんが、繁忙期×大安のタイミングは「割引には期待できない」と考えておくほうが良いかもしれません。ダメもとで安くなったほうが喜びが増すからです。

勝手に安くなるという可能性はありませんが、料金交渉によって安くなる可能性はあります。

どうしても安くしたい派は、大安関係なしに引越し業者に料金交渉してみるのがおすすめです。

繁忙期は仏滅・赤口・大安に影響されないことが多い!?

繁忙期は仏滅・赤口・大安に影響されないことが多い!?
「仏滅」「大安」「赤口」に料金面が影響されるのは基本的に繁忙期以外の時期です。
引越しの繁忙期といえば2月~4月末くらいまで。春で引越しが増える時期のことです。

引越しが増えて予約がいつも密集している状況になると、仏滅や赤口のような日取りももはや関係なくなってきます。

仏滅や赤口を料金交渉に使えるのは、基本的に繁忙期以外。

ちなみに、繁忙期に結婚や新築や購入等の理由から大安の引越しを希望する場合は、早めの予約をしておきましょう。繁忙期も何だかんだ大安は人気があります。

閑散期よりもずっと予約が集まることが想定されるので、本気で繁忙期に大安の引越し日を確保したいなら、早めの予約が重要になってきます。

多くの引越し業者が最長で3ヵ月前から予約可能となっています。
新居の住所が不明な段階でも、引越しする街だけは確定している状態なら受け付けてもらえる可能性が高いので、気になる引越し業者に相談してみてはいかがでしょうか。

仏滅と大安・赤口などの引越しを活用するにはどうすればいい?

仏滅と大安・赤口などの引越しを活用するにはどうすればいい?
「仏滅」「大安」「赤口」の引越しをするとき。引越し業者から「仏滅」だから引越し料金を安くします等の発言をする可能性は低いので、自発的に伝える姿勢が求められます。

「仏滅ですが安くなりませんか?」と聞くのも1つの手ですが、普通に「安くして欲しい」とだけ伝えてみるのもありです。空気感といいますか、温かくフレンドリーな感じの引越し業者だと「仏滅で安く」というのもいけるかもしれませんが、こればかりは引越し業者次第となります。

とりあえず、「仏滅」「大安」「赤口」どの日でも「安くして欲しい」と交渉してみることが節約の第一歩です。
仏滅は時と場合と引越し業者次第ですが、大安の日よりは安くなりやすい日と認識して、とりあえず交渉がおすすめです。

それ以外に安く抑える方法として取り入れたいのは以下の内容です。

1、引越し業者のお値打ち日カレンダーをチェック

引越し業者のお値打ち日カレンダーをチェック
まずは、お値打ち日カレンダーがあるならチェックしましょう。

引越し業者の中にはホームページ上に「お値打ち日カレンダー」(もしくは違う名称のときもあり)を掲載しているケースがあります。これはその名の通り、引越し料金の「お値打ち日」がわかるようにカレンダー表記しているものです。

予約があまり入っていないという理由から安くなりやすい日が掲載されていることもあれば、仏滅だから安くなっていることもあります。

いずれにせよ要注目です。

お値打ち日カレンダーは引越し日に融通が利く方向けです。

2、安くなりやすい日を直接聞いてみる

安くなりやすい日を直接聞いてみる
仏滅等の日取りはあまり関係ない方法ですが、引越し業者側に直接「安くなりやすい日」を聞いてみるのもけっこう効果的です。

「安くして欲しい」と伝えるより、引越し業者側に主導権があります。
これなら引越しの料金交渉が気まずい方も伝えやすいのではないでしょうか。

こちらも引越し日に融通が利く方向けです。

3、自分で調べて聞いてみる

自分で調べて聞いてみる
仏滅等を自分で調べて把握して交渉してみる。時と場合次第ですが、上手くいけば安くなります。

とはいえ、六曜を気にしてしまう方は後々ストレスになる可能性があるので、この方法はよく考えてから行いましょう。

六曜で交渉というのも1つの方法ですが、六曜関係なしに「安くして」と押し通すのも1つの方法です。

六曜を交渉に使っても上手くいかないこともあれば、大安なのに普通の料金交渉でとても安くしてくれる可能性もあります。
全ては引越し業者次第。

安く引越したいときにはやはり比較がベストです。

どの引越し業者が安いのかor安くしてくれたのか把握するためにも、複数社に見積もり依頼をして出た見積もり結果を比較して選択するのが良いといえるのではないでしょうか。

【まとめ】日本の引越しは曜日を意外と意識している

今回の記事では「仏滅」「大安」「赤口」等の六曜と引越しの裏事情を中心にご紹介しました。

六曜を気にする方は現代の若者では減っているかもしれませんが、それでも気にする方は気にするので時に引越し料金に影響を与えることもあります。

引越し料金を安くしたい派の方は、六曜に注目してみるというのもありではないでしょうか。
1からリーズナブルな引越し業者を探すなら引越し見積もり一括比較サイトの活用がおすすめです。複数社に見積もりを依頼して満足の1社を見つけていきましょう!

30秒で引越し一括見積もり

電話番号の登録なしで引越し見積もりが行える
引越し料金を知りたいだけの方にもおすすめです。(引越し費用がメールで届きます)
引越し費用が30万円から15万円になっちゃう。お得な見積もりです。
suumo引越し
メールのみで見積もり可能。引越しsuumoの一括見積もりはこちら
最大6万円の祝い金がもらえる 引越し代金は最大55%オフ
210社の引越し会社を徹底的に比較
引越しsuumoと合わせて利用しキャンペーンの6万円もゲットしちゃおう
引越し達人セレクト
30秒で6万円ゲット!引越し達人セレクトはこちら

コメント

電話入力なし!
30秒で引越しが10万円安くなる