引越し荷物預かり一カ月の期間の料金

引越しのとき、荷物を一時的に預かって欲しいという状況になることもあるかもしれません。

荷物の一時預かりに対応している引越し業者はけっこう多いです。

今回の記事では、大手の有名引越し業者の場合の「荷物の一時預かり」について。それから、引越し業者の荷物の一時預かりと、専門業者のトランクルームならどちらが良いのかについても。詳しくみていきましょう。

荷物の一時預かりが必要になるかもしれない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

引越し荷物預かり一カ月の期間の料金

引越しで、引越し業者が用意している有料オプションもしくは、そこも含めている引越しプランを利用して荷物の一時預かりを利用する場合、1ヵ月あたりの料金がどうなるのかというと・・・引越し業者次第、荷物量次第、時期次第で変わってきます。

まずは見積もりをしてもらう必要があります。

例えば引越し業者ではなくトランクルームの場合だと、事前にいくらなのか料金を想定することができますが、引越し業者の場合だと状況次第で見積もりをしていくので、その点は不利だと感じる方もいるかもしれません。

引越し荷物預かりはどこの引越し業者が対応している?

引越しの荷物預かりに対応している引越し業者は、全国的にみれば数はけっこう多いです。

日本には引越し業者が数百社以上あるといわれているので、必然的に対応している引越し業者の数も多くなりますが、今回はあえて全国対応している大手の引越し業者の中でも人気のところをピックアップしてみてみましょう。

全国対応している引越し業者なら、様々なエリアで引越しする方も安心して利用できます。

引越し業者名 特徴
サカイ引越センター 「新築」「増設(リフォーム)」に伴う引越しのみ荷物預かり利用可能。
アート引越しセンター 搬入先住所と預かり期間が決まっている場合に限り荷物の一時預かりが可能。
アーク引越センター 荷物の一時預かりに対応。
ヤマトホームコンビニエンス 「建替え引越パック」で利用可能。

「サカイ引越センター」「アート引越しセンター」「アーク引越センター」「ヤマトホームコンビニエンス」それぞれの特徴は以下で詳しく確認していきましょう。

サカイ引越センター

パンダのマークでお馴染みの「サカイ引越センター」は、荷物の一時預かりに対応していますが、「新築」「増設(リフォーム)」に伴う引越しのみ荷物預かりという条件があるので、ここに該当しない方は要相談となります。

条件に該当していなくても状況次第では聞いてみたら荷物預かりしてもらえるかもしれません。

条件に該当する方はスムーズに利用することができます。

アート引越しセンター

顧客満足度ランキング上位の実力派引越し業者「アート引越しセンター」は、新築や増設といった条件はなく、基本的に依頼すれば荷物の一時預かりに対応してもらえます。

ただし、倉庫の利用状況にもよるので、興味がある方は早めに相談してみるのがおすすめです。

親切丁寧な対応で知られているアート引越しセンターなら安心して荷物を任せることができます。

アーク引越センター

礼儀正しくテキパキとした対応が魅力の「アーク引越センター」も特別な条件なく、倉庫に空きがあれば荷物の一時預かりについて相談することができます。

引越し料金がリーズナブルなことでも知られている引越し業者なので、荷物の一時預かりも含めて引越しの総額をリーズナブルに抑えたい方はアーク引越センターに注目してみても良いかもしれません。

ヤマトホームコンビニエンス

配送業界大手の「クロネコヤマト」の引越しサービスを提供しているのが「ヤマトホームコンビニエンス」です。

クロネコヤマトは人気の配送業者なので、そのノウハウを用いて引越し対応してくれることから注目度は高めです。

そんなヤマトホームコンビニエンスの荷物の一時預かりは、「建替え引越パック」で利用可能です。建て替えで引越しする方に向けたプランなので、賃貸物件間で引越しする方は基本的に適応されません。

どうしても荷物の一時預かりをして欲しいということであれば問い合わせて相談してみるようにしましょう。

荷物預かりを無料で行ってくれるところ

荷物の一時預かりは基本的にほとんどの引越し業者で有料のサービスです。荷物を預かり保管するにはスペースや管理する人材も必要なので、ある意味自然ですが・・・無料で荷物預かりしてくれる引越し業者も実はあります!

カルガモ引越センターです。

「トランクルーム保管」という無料オプションでサービスを提供しています。

引越時に「1ヶ月間限定」で、荷物の一時預かりをしてくれます。

カルガモ引越センターは東京と横浜に拠点を持つ引越し業者で、いわゆる地域密着型路線の引越し業者なので、全国各地から利用しやすい引越し業者というわけではありませんが、長距離引越しにも対応しているので東京、横浜周辺の引越しだったり、東京、横浜発着の長距離引越しなら相談してみても良いのではないでしょうか。

全国展開で有名な大手の引越し業者系だと、荷物の一時預かりは有料ですが、地域密着型の引越し業者の中には稀に無料で対応してくれるところもあるようです。

引越し業者VSトランクルームならどちらがお得?

今回は引越し業者の荷物の一時預かりについて詳しく触れていますが、荷物の一時預かりといえばトランクルームもニーズがありますよね。

最近では24時間管理だったり空調管理されていたりするトランクルームも増え、場所によってはシャワー付きのところもあるのだとか。

利用料金は安いところから高いところまで様々ですが、基本的にトランクルームは月額料金制というスタイルで、毎月利用料を支払います。

その他、契約段階で保証金や敷金が必要になるトランクルームもある等、引越し業者の荷物の一時預かりを利用するより、事前の準備や手続きが手間になる可能性が高いです。

その代わり、荷物預かりを専門にしている業者なので、管理力や空間の魅力度はトランクルームのほうが上になりやすいかもしれません。
長期保管にも対応しているトランクルームと、一時預かりだけに対応している引越し業者の倉庫なら、環境面では前者のトランクルームが優勢なのは仕方ないといえるかもしれません。

トランクルームは基本的に個室スペースに荷物を預ける形。

個室スペースの広さは「〇畳」と、賃貸物件のように表記されることが多いです。

トランクルームの料金の目安はこのような感じです。

トランクルーム広さ 月額料金
2.5畳 10,000円~20,000円
3畳 10,000円~40,000円

広さや設備によって料金面は本当に様々です。上記の料金はあくまでも目安です。

エリアやお店によっては2.5畳で5,000円くらいということも決して珍しくはありません。ただし、保証金や敷金的なものが必要で、契約時に初回の月額料金+契約関係で3万円前後支払うことも珍しくありません。

もし、「引越しの一時預かり」で利用するということであれば月額料金だけではなく総合的に考えないといけません。

荷物の一時預かりの料金面でみたら引越し業者のほうがお得になる可能性も高いので、どちらも見積もりしてみると良いのではないでしょうか。

引越し荷物預かりはこんな場面で役に立つ!利用用途

引越しで荷物の一時預かりを利用する、よくあるケースはこちら。

1.住宅の建替えやリフォームをする間仮住まいに入居。入らない荷物を預けておきたい。
2.退去と入居のタイミングがずれて新居にまだ住民がいて荷物搬入ができない。

このように荷物を何かしらの事情で新居にすぐに搬入できない場合に荷物の一時預かりが利用されます。

【まとめ】状況によっては荷物預かりを活用して!

今回の記事では引越しの荷物の一時預かりについて詳しくご紹介しました。

荷物の一時預かりが必要になるかもしれない方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

30秒で引越し一括見積もり

電話番号の登録なしで引越し見積もりが行える
引越し料金を知りたいだけの方にもおすすめです。(引越し費用がメールで届きます)
引越し費用が30万円から15万円になっちゃう。お得な見積もりです。
suumo引越し
メールのみで見積もり可能。引越しsuumoの一括見積もりはこちら
最大6万円の祝い金がもらえる 引越し代金は最大55%オフ
210社の引越し会社を徹底的に比較
引越しsuumoと合わせて利用しキャンペーンの6万円もゲットしちゃおう
引越し達人セレクト
30秒で6万円ゲット!引越し達人セレクトはこちら

コメント

【無料】で引越し料金が8万円安くなりました!
引越し無料見積もりはこちら
【電話なし】キャンセル可