引越しでテレビが映らない時の設定を自分で行う方法

引越しの手続きと準備

引越しでテレビが映らない時の設定を自分で行う方法
引越しで新居に荷物を搬入後、日常生活に戻るには様々な荷物の設置や片付けを行わなければいけません。
その1つは家電。その中でもより身近なのはテレビの配線・接続です。

スムーズにいくならそれに越したことはありませんが、しかし、「新居でテレビを視聴しようとしても上手くいかない」そのような状況になったらどうすれば良いのでしょうか。

「テレビの電源は付くけど、画面が真っ暗なままで映像が映らない」
「電源を押してもそもそもテレビ自体がつかない(反応しない)」

今回の記事では、引越しのテレビ配線・接続をテーマに。このようなときの対処方法を確認していきましょう。

引越しでテレビが映らない時の設定を自分で行う方法

引越しでテレビが映らない時の設定を自分で行う方法
引越したら新居ではテレビの配線・接続が必要になります。

配線・接続は基本的に自分で対処する方が多いです。(引越し業者が対応してくれるオプションもあるので、配線・接続関係が不得意と認識していると、最初から引越し業者のオプションでテレビの配線・接続を依頼する方もいます)

引越しする前、旧居でもテレビを視聴していたのなら一度は配線・接続に関わったことがあるはず。一度経験しているとほとんどの方はテレビの配線・接続については、なんとなくでも自力で完了させることが多いです。

とはいえ実際にテレビの配線・接続を試してみても上手くいかないこともあるかもしれません。
上手くいかなかったら、以下の項目を順番に確認して対処していきましょう。

テレビの電源コードをまず確認

テレビの電源コードをまず確認
「画面すらつかない」「電源を押しても反応がない」というときは、まず電源コードが入っているか確認してください。
新居にテレビを搬入した直後は意外とこの作業を忘れていることがあります。

「電源コードは入れた」それにも関わらず、電源ボタンを押してもテレビすらつかない何も反応しない・・・もし、このような状況ならテレビが故障している可能性があります。
これまで旧居では一切の不調もなく問題なくテレビがついていたのなら、引越し作業中にぶつけたり雑に置いたりしてテレビが故障してしまったのかもしれません。

引越し業者に依頼して引越しをしてもらったなら、この場合にはテレビを輸送した引越し業者に問い合わせをしましょう。

引越し業者は荷物に保険をかけているので、引越し業者に100%過失があると認められる場合には全額弁償してもらうことができます。

テレビのアンテナ線が入っているか確認

テレビのアンテナ線が入っているか確認
「電源コードは入っている」「テレビの電源を押したらテレビ自体は反応している」
しかし、テレビの映像は映らない。画面が真っ暗なまま・・・という場合には、テレビのアンテナ線が入っているかどうかも確認しましょう。

引越したてで新居でテレビを視聴しようとするとき、電源コードは入れたもののアンテナ線を忘れているケースも時々あるようです。

アンテナをきちんと接続したらテレビが映るようになることが多々あります。

ちなみに、築年数がけっこう経過している物件だと、テレビアンテナを繋ぐ部分が抜けやすくなっていることがあるようです。
一度差し込んでみて、抜けないか確認しておくと安心です。

地デジのB-CASカードが刺さっているか確認してみよう

地デジのB-CASカードが刺さっているか確認してみよう
ここまでご紹介した内容を確認したり対応したりしても、テレビの状況が改善しなければ「B-CASカード」がテレビ本体にきちんと刺さっているか確認してみましょう。

B-CASカードとは?

B-CASカードとはデジタル放送受信機器のICカード。
地デジ対応テレビには、B-CASカードというものが刺さっています。これがないと地デジが観られません。

B-CASカードは基本的に、引越しだろうが模様替えだろうが抜くものではありません。
そのため、これが引越しの荷物搬出搬入によって抜けている(もしくはあえて抜いた)可能性は低いですが、何かの拍子や手違いで抜けてしまうこともあるかもしれません。(ちなみに、新しく購入したテレビの場合は自分でB-CASカードを差し込むことが多いです)

ここまでご紹介した内容を試してみてもダメということであれば念のため確認してみましょう。

ちなみに、B-CASカードがテレビのどこに差し込まれているのかというと、大抵の場合テレビの裏側です。
差し込み口がむき出しになっているか、それともフタがついているかはテレビ次第ですが、テレビが映らなくて困ったときには確認してみてくださいね。

電波状況は大丈夫?

電波状況は大丈夫?
「テレビの電源はつくけど画面は真っ暗なまま。B-CASカードは入っている」そのような状況なら、続いては「電波」に注目してみましょう。
電波状況は大丈夫でしょうか。

テレビの接続は大丈夫そうなのに、どうしてもテレビが上手く映らず「もしかしたら電波状況がダメなのかもしれない」ということであれば、不動産会社や管理会社に相談してみましょう。
電波状況を良くする道具を無償提供してくれる可能性があります。

対応してもらえないときは・・・自前で用意すると上手く映るようになります。

「テレビは付くけど画面が真っ暗」放送切り替えしてみよう

「テレビは付くけど画面が真っ暗」放送切り替えしてみよう
テレビ画面はつくけど何かがおかしい。画面が真っ暗。電波が悪いというわけでもなさそうとうときには、放送切り替えで改善するかもしれません。

長距離引越しをして県外に出た場合、チャンネル設定を新居の地域に修正しないと映らなくなる場合があります。
リモコンでメニューから、チャンネル設定の項目を選んで操作を進めてみましょう。

故障でも何でもなく、それだけでテレビが普段通りになることが多いです。

引越し時のテレビの配線や設定は難しい?

引越し時のテレビの配線や設定は難しい?
引越し時のテレビの配線や設定は難しいかというと・・・そのようなことはありませんが、テレビ限らず配線関係が不得意な方にとっては面倒に感じてしまうかもしれません。

また、シニア層の方は配線が不得意という方が多いです。
シニア層の方の中には引越しが決まったら、最初から引越しプランにオプションをつけて業者に任せる方が多い印象です。

「苦手かも」「無理かも」と感じたら、無理せず最初から業者に任せる方向で考えても大丈夫です。

引越し業者の中にはテレビの設定や配線をしてくれるところもある?

引越し業者の中にはテレビの設定や配線をしてくれるところもある?
今回は引越しのときのテレビ配線・接続についてご紹介しています。
テレビを購入したときのテレビ配線・接続であれば、家電量販店のスタッフが対応してくれることもありますが、引越しのときのテレビ配線・接続を任せられるのは引越し業者です。

引越し業者引越しプランとは別に、オプションでテレビ配線・接続に対応する項目を用意していることがあります。

以下では、こちらに対応している引越し業者を確認していきましょう。

  • アーク引越センター
  • ヤマトホームコンビニエンス
  • 日通の引越し

今回ピックアップした引越し業者以外にも、基本的に「各種電気工事」に対応している引越し業者であれば、テレビ配線・接続もオプションで別料金を支払えば対応してくれます。

ちなみに、引越しオプションでのテレビの配線・接続の料金がいくらくらいかというと、3,000円~5,000円くらいで設定されていることが多いです。
手順自体はシンプルですが意外とオプション料金がかかってきます。

不安なら最初からまかせてしまうのがおすすめ

不安なら最初からまかせてしまうのがおすすめ
テレビ配線・接続は実際に新居に行ってみないと、できるかできないかというのは判断が難しいですが、「自分は配線や接続関係が苦手」と普段から認識している方は、先に引越し業者に依頼しておくようにしましょう。

そうすれば引越し当日から問題なくテレビを視聴することができます。

「実際に試してみてできなかったら業者に相談しよう」と、考えていると引越し後しばらくの期間、テレビが視聴できない期間ができてしまうかもしれません・・・。

引越しのテレビ配線・接続に失敗しないために

引越しのテレビ配線・接続に失敗しないためにできることといえばこちらです。

テレビ購入時にできること
テレビの取り扱い説明書は手元に残していく
テレビ購入時に業者に接続を任せたのならやり方をみておく

テレビ購入後にできること
機械や接続に強い人に手伝ってもらう
引越し業者のオプションで配線・接続に対応してもらう
とりあえず自力でやってみる

「とりあえず自分でやってみる」という選択をする方におすすめなのは、スマホの活用です。

旧居に居る間にスマホでテレビの配線関係の写真を撮影しておきましょう。これは、事前に対応しておくと意外と便利です!!

スマホで撮影したテレビ配線関係の写真を新居に行ってから確認することで「写真の通りの配線関係の状態を再現」すれば、案外スムーズにテレビの配線・接続ができることがあります。

あとは、不安な方は配線関係が得意そうな人にお手伝いしてもらうと安心です。
お願いできそうな相手がいないときには、オプション料金はかかってきますが、引越し業者にお願いするようにしましょう。
見積もりの段階で、お願いしたい旨を伝えておけば確定見積もり金額にオプション料金も含めて紹介してくれます。

【まとめ】テレビの配線は意外と手間取ることがあるので注意!
【まとめ】テレビの配線は意外と手間取ることがあるので注意!
今回の記事では、引越しにあたってのテレビ配線・接続をテーマに詳しくご紹介しました。
テレビ配線・接続が上手くいかないときには、今回ご紹介した内容を確認したり試したりしてみましょう。

それでもテレビが不調・映らないというときには、故障の可能性もありますが万が一故障している場合にも早めに把握して、引越し業者に確認しましょう。
引越し業者の過失100%の場合は全額テレビ代金を保証してくれるのが一般的です。

テレビの配線・接続はとても難しいというわけではありませんが、配線・接続が不得意な方にとっては非常に面倒に感じる作業でもあります。
最初から引越し業者にオプションで依頼するという方法もあります。
オプション料金はかかってきますが、「苦手だな」と感じる方は、最初からオプションをつける方向性で検討するのも良いかもしれません。

快適な引越しを目指していきましょう。

コメント